湘南美容クリニック渋谷院院長 坂西のブログ

美容外科専門医が語る二重整形、鼻整形、目の下のクマ・たるみ、若返り、脂肪吸引、豊胸術などなど

二重埋没法の合併症について:糸玉

 

こんにちは、SBC渋谷院院長の坂西です足あと

 

今回は、二重埋没法の合併症の中でも比較的多い糸玉についてのご紹介です。

 

 

糸玉とは

通常の二重埋没法は皮膚表面で糸の球を結ぶため、皮膚の薄い方や皮下脂肪の少ない方に起きやすい合併症の一つです。

 

症例

症例の方は1年前に他院で通常の二重埋没法を両目2糸2点で受けています。

二重ラインが消えてしまっただけでなく、糸玉のポツポツが残ってしまったことを気にされていました。

 

※施術前後の写真は全て、加工無し、アイメイク無し、カラコン無しと同一条件で統一しております。

 

【術前】

術前閉眼時の写真で糸玉は下図の赤丸の部分にあります。

比較的目立たない方だと思いますが、「どうしても糸玉を無くしたい!」ということで、抜糸を行いました。

そして、今回は糸玉の出来ない二重埋没法で手術をしたいということで、『グランドループ法』を同時に受けて頂きました。

 

【術直後】

術直後の写真では糸玉を抜糸した部分に小切開を加えているのがお分かり頂けると思います。

皮膚側から糸玉を埋め込んでいるので、どうしても皮膚を小さく切開する必要があります。

右目(向かって左側)は腫れが、左目(向かって右側)は内出血が目立ち、左右差が出てしまいました。

 

【1週後】

腫れについては左右差もなくなり、落ち着いてきていると思います。

小切開部分の赤みや傷跡はまだ目立ちますので、メイクでカバーしていただく必要があります。

 

【1か月後】

腫れと赤みは落ち着いてきましたが、抜糸した小切開部分の傷跡は少し気になります。

もう少し時間が経つと、より目立たなくなります。

 

抜糸後の経過

抜糸の際の小切開部分の傷跡や赤みについては、目立たなくなるには早い方で術後1か月程度、長い方で3-6か月はかかります。

その間は、メイクなどでカバーしていただく必要あります。

抜糸をすると内出血や腫れが出やすいので、予め時間に余裕をもって手術に臨んでいただけると助かります。

 

抜糸する時の注意

当院では他院での抜糸をお引き受けすることもあります。

ただし、抜糸については基本的に、手術をしたクリニックで行うことをお勧めします。

 

埋没法の方法や糸の留め方はクリニックごと、ドクターごとによって変わります。

安全に腫れを少なく抜糸をするためには、担当したドクターに抜糸をしてもらうことが最善です。

 

『グランドループ法』 は特殊な埋没法なので、他院では抜糸できない可能性もあります。

もし何かしらの理由で抜糸をしたい場合は、責任をもって当院で行わせていただいております。

 

 

二重埋没法をご検討の方は是非覚えておいていただきたい合併症の一つです。

もし術後に不安な症状がある方は、お気軽にご相談ください!

 

 

 

 

  

 気軽にフォローしてください 音譜

instagramインスタ 基本タイプツイッター YouTube(白背景)ユーチューブ

 

ポチッとして頂けるとヤル気が出ます アップ

にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ  

 

 

 

 

 

☆;:*:;☆;:*:;☆;:*:;☆;:*:;☆ ☆;:*:;☆;:*:;☆;:*:;☆;:*:;☆;:*:;☆;:*:;☆

湘南美容クリニック 渋谷院 公式HP

営業時間:09:00~18:00 (予約制)

※2020年3月より男性もご利用いただけます!

 

湘南美容クリニック 渋谷アネックス院 公式HP

営業時間:10:00~19:00 (予約制)

※都内唯一の女性限定院です。

 

 

ご予約のお電話には専門のスタッフが常に対応しております。
カウンセリングや施術、料金などのお問い合わせ等、
お気軽にお尋ねください。
<湘南美容外科クリニック> 0120-5489-02
受付時間:09:00~23:00 (土・日・祝日も対応)